ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.06.16 Monday

頑張れ!サムライブルー!



始まりましたね! ワールドカップ!サッカー



前・管理者は大のサッカー好きでしたので

このブログにもサッカーネタがよく登場していましたけど…



現・管理者の私、サッカー観るのは好きだけど

専門的な所はイマイチよくわかってません…汗


すみません…汗





だけどだけど!

日本代表の試合には、やっぱり燃えます!


日本人として、世界の舞台で戦うサムライ達を応援しない訳にはいかない!




頑張れ!ニッポン!日本

2012.07.02 Monday

無敵艦隊

スペイン、とうとうユーロ2連覇。

ワールドカップを挟みビッグ大会3連覇。

ジダンのフランスより、

マラドーナのアルゼンチンより、

クライフのオランダより、

ベッケンバウアーの西ドイツより、

ペレのブラジルより、

歴代のどんな名チームよりも凄い事やってのけた。

次世代サッカーの新基準はスパニッシュスタイル。

野生のハイエナが獲物を囲んで追い詰めていくような、ため息交じりのパスワークで、

ダイナミックさはないけど確実にゴールに迫っていく。

あのブッフォンでさえ4度ひれ伏した。

カテナチオから4点・・・

これからみんなスペインみたいなチームになっていくのかな?

1人で全てを操る、

マラドーナのアルゼンチンみたいなチームが好きなんだけど、

日本ではそれを本田に期待したい。







2012.06.13 Wednesday

不可解な判定だったけど

ブラジルワールドカップ、アジア最終予選
アウェイに乗り込んでのオーストラリア戦。

ひどいジャッジでしたね。

いったいウッチーが何したってんだろね?



試合は毎度の事ながら体格で勝るオーストラリアが徹底してパワープレイのごり押しスタイル。

ゴール前でハラハラした時間のあとは、日本のスピーディなパスワークでオージーゴールに押し返す。

まるで違うコンセプト同士のアジアトップクラスの激突の最中、応援してるこっちは寿命の縮みっぱなし。

90分の戦いで30分くらい縮んだかも。寿命が。


しかし、本田や香川がでっかい相手を個人技であたふたさせてる姿ってのは、

スカッとしますよね。

昨夜、ブリスベンで本田が見せてくれたターンは、

全盛期のジダンが得意としてたマルセイユ・ルーレットよりもキレキレだったんじゃないかな。

個人技で渡り合える選手がチームに何人も出てくると、

日本の組織プレイは一段と進化していくよね。



不可解な判定だったけど、

オーストラリアにアウェーで勝ち点1ゲットは勝ちに等しいから、

まあ、よかったよかったってことで。







2011.07.19 Tuesday

なでしこ世界一!

凄い事をやってのけましたね!

なでしこJAPAN!

あんなシビレル勝ち方ってなかなかないです。

ニュースでは復興に結びつけてのコメントが多かったけど、

実際、日本中がなでしこの底力で朝っぱらから元気になったでしょう。

世界に見せ付けた日本女子の実力。

今後女子サッカー界のモデルとなるでしょう。



男子も負けてられません。






2011.07.15 Friday

スェーデン撃破!

ワールドカップで決勝進出!

ブラジル大会ではきっと男子も・・・




ええ!行くんですとも!!(カビラ風に)
2011.07.11 Monday

なでしこベスト4!

女子ワールドカップ、

なでしこが優勝候補の筆頭ドイツに勝利!

で、ベスト4!

うらないタコも日本の勝利を予想したのは一匹だけだったとか。

なんでも女子サッカー界のバルサなんだとか。

永遠に繋がるパスサッカーだとか。



評価がうなぎのぼりになってますね。



素直に日本人として浮かれてます。




2011.01.31 Monday

キング オブ アジア

話題的にちょっと遅れましたが、

サッカー日本代表、アジアカップ優勝やったぜ!

アジアのバルサと言われたパスサッカー炸裂しましたね。

大会MVPは本田でしたが、

個人的には長友だったと思います。

さあ、次はコパ・アメリカ。

南米でも暴れろニッポン!
2010.06.30 Wednesday

数十センチの差

残念でした。

パラグアイと120分の死闘の末、PK戦で敗退。

駒野のシュートはクロスバーを直撃。

わずか数十センチの差で世界8強の座がスルスルと転がっていきました。

何度となくベスト8に挑戦し続けてきたパラグアイの意地を見た気がします。

そう、トーナメントは意地なんです。

国と国との誇りをかけた真剣勝負。

やはり、勝ってもらいたかった!

あれだけ互角の展開で負けたということは最後に意地が少し足んなかったってこと。

わずか数十センチ・・・



正直、くやっしいです!!





日本人がよくやることの一つに、

帰国した選手たちに向けて、

「夢と感動をありがとう」

とか横断幕を作って空港で掲げたりしますが、

僕らはそういうことを言うのではなく、

世界に通用した部分、通用しなかった部分、

そういったことをJリーグ、アジアカップ、次回のワールドカップまでしっかり検証、そして発展させてくれと言いたいのです。

とにかく、日本のワールドカップは終わりました。

日の丸を背負い、遥か南アフリカで激闘を終えた僕らの代表。

お疲れさんでした。





ただ一つ、間違いなく言えることは、

列強と誇りをかけてガチで渡り合った選手の姿に、

僕たちは幾たびも胸が高鳴り、幾たびも涙を流しました。













2010.06.29 Tuesday

未体験ゾーンへ

さあ、今夜パラグアイ戦!

伝統的に堅守速攻のお国柄のチーム。

パラグアイ国内では楽勝ムードらしいがやつらも最高成績ベスト16。

そこは日本と同じ。


グループリーグでは最高に出来の悪いイタリアに引き分けてニュージーランドにさえ引き分け。いかんせん勝ちきれないチーム。

そして、もうチラベルトはいない。

ディフェンスのチェーンを引きちぎって南米大陸に風穴をあけてやれ!


いけるぞ!ニッポン!

未体験ゾーンのベスト8へ!


ニッポン!

オレオレ!
2010.06.25 Friday

祝・ベスト16

本田!


遠藤!


岡崎!



ゲットゴーーーール!!!



やったぜ、ニッポン!

3−1

デンマークに勝利!


本田はミラクルでした。1点目のブレ玉フリーキックは今のところ今大会のNO.1ゴールではないでしょうか。

遠藤のフリーキックも技ありゴールでしたね。ひょうひょうとやってのけました。日本が誇るバランサーが世界で大暴れ!

岡崎のごっつぁんゴールはその前の本田のトラップ、フェイント、パスの一連の流れが映画のスローモーションを見てるようなビューティフル・プレイ!しかし岡崎はいいところに詰めてた。ゴールへの嗅覚は世界基準。



まあ、みんながめっちゃよかったです!



フットボールの神様が舞い降りた今日、


興奮の坩堝の中仕事してます。



Powered by
30days Album